とまと部会は4月22日、同JAのとまと集出荷センターにて品質査定会を開きました。

この品質査定会は、部会員の出荷物をお互いに確認し情報交換することで、部会全体の品質の向上と、収穫量の安定に繋げることを目的としています。今年の1月から低温が続き、生育の遅れが心配されましたが、4月に入り気候が安定し、気温が上昇したことで、収量が増えてきました。着色、品質ともに例年並みの出荷を予定しています。

同部会の生産する「とよかわトマト」は昨年、とよかわブランドに認定されました。