当JAが参加する「東三河Innovator’s Gate 2021」プロジェクトの最終発表が2月17日に行われ、当JAチームの事業案が審査員準大賞を受賞しました。

このプロジェクトは社会課題の解決に向けた新規事業の創出を目的としており、当JAから3人の職員が1チームとなり参加しています。3人は農家をはじめ、消費者や企業等にヒアリングを行い、農家の困り事の解決方法を模索しました。

最終発表では農家をサポートする新たなサービスを提案し、今後、具体的な事業化に向けて検討が行われることになります。

このプロジェクトは武蔵精密工業㈱が主催し、豊橋市役所や㈱三菱UFJ銀行などが参加しています。当JAは2年目の参加です。