全国有数の出荷量を誇る鉢物部会がクリスマスやお歳暮などの贈答用として本格的にシクラメンの出荷を始めました。

鉢物部会の小島久己さんのハウスでは11月上旬から12月下旬まで出荷されます。今年は8月の長雨により、日照不足で花の成長への影響が心配されましたが、花の状態に合わせ肥料の量を調整するなど、花に余分なストレスを与えないようにすることで、花芽が多く品質の良いシクラメンに仕上がっています。

同部会のシクラメン生産者は17名。産出額は2億8千万円で県内1位。シクラメンはグリーンセンター豊川・一宮・音羽などで販売されています。