バラ部会の女性部ローズメイトは6月4日に、父の日に先立ち、竹本幸夫豊川市長と権田晃範組合長に豪華な「とよかわバラ」の花束とアレンジフラワーを贈りました。今年で31年目になる取り組みです。 花束やアレンジフラワーには同部会のオリジナル品種の「シトラスジュエル」をはじめとする9種類のバラを使用しました。 ローズメイトの大井郁子会長は「それぞれのバラの色合いを楽しんでほしい」と話しました。

竹本市長は「豊川のセールスポイントである“とよかわバラ”をこれからもしっかりPRしたい」と笑顔で話しました。