【JAひまわりつまもの部会と東三温室園芸農協の大葉部会が協調】両団体がオオバの包装を一新

つまもの部会と東三温室園芸農協は初の試みとして、オオバの包装に「とよかわブランド」のロゴと「愛知県産」を印字し、共通ブランドとしてPRしていきます。

オオバは、コロナ禍で飲食店が営業自粛した影響で業務用を中心に昨年に比べ販売額が大きく落ち込んだ一方、〝巣ごもり需要〟で小売り向け小袋の出荷数が伸びています。そこで、両団体は「とよかわ大葉」としてPRすることで販売促進の起爆剤にしたいと考えています。

両団体が生産するオオバは、栽培面積が約30haで販売高が約50億円と全国トップクラスを誇ります。昨年2月に、豊川市観光協会から「とよかわ大葉」の名称でブランド認定されました。

2021-06-18T20:32:40+00:002021年6月18日金曜日|
アグリフェスタ特設ページ

アグリフェスタ最新情報

アグリフェスタ

周年事業・イベントのご案内