【新米「稲荷の里」を寄贈】お米で結ぶ地域の輪

 

 

権田晃範組合長は、12月24日に豊川市の竹本幸夫豊川市長の元を訪れ、市内で栽培された新米「稲荷の里」を寄贈しました。

寄贈した新米は「お米で結ぶ地域の輪 わい!わい!募金活動」にて、9月~11月に当JAの本支店や営農センター、グリーンセンターなどの店舗で集まった募金で購入したもの。募金総額110,740円の新米350㎏を購入し、寄贈しました。新米は豊川市を通じて、市内の3つの福祉施設へ届けられました。

権田組合長は、「多くの方からの募金によって、本年も新米を寄贈することができた。是非、地元で生産された新米を味わってほしい」と話しました。

2021-02-17T17:24:34+00:002021年2月17日水曜日|
アグリフェスタ特設ページ

アグリフェスタ最新情報

アグリフェスタ

周年事業・イベントのご案内