【直販課】HACCPの制度化に向けて

当JAでは農産物の加工品出荷者のHACCP(ハサップ)の制度化を受けて準備を進めています。8月20日には農林水産省や一般財団法人食品産業センター職員がグリーンセンター一宮の加工品等の販売状況及び加工品出荷者の製造工程などを確認しました。

食品衛生法の一部が改正され、来年6月までに原則全ての食品等業者に対して、HACCPに沿った衛生管理が求められます。HACCPは食中毒や異物混入などの食品事故を防ぐために、製造から出荷までの全工程における衛生管理手順を「見える化」し、「管理」するものです。

当JAのグリーンセンターに出荷される漬物などの加工品の製造においても、生産者は衛生管理計画の策定と実践が必要となります。直販課では、来年6月に向けて出荷者を支援していきます。

2020-10-19T20:17:16+00:002020年10月19日月曜日|
アグリフェスタ特設ページ

アグリフェスタ最新情報

アグリフェスタ

周年事業・イベントのご案内