【とよかわブランド認定】品質や商品性の高さを評価、“とよかわ大葉”に認定

JAひまわりつまもの部会と東三温室園芸農業協同組合が生産する大葉が、3月27日にとよかわブランド認定委員会(豊川市観光協会事務局)より“とよかわ大葉”としてブランド認定されました。

とよかわブランドは、豊川市の優れた地域資源をとよかわブランドとして認定し、豊川市の価値を広め、産業振興や観光推進、地域活性化を図ることを目的としています。豊川市の大葉は、両団体と豊橋市を合わせると全国トップとなる生産量があることや、品質の良さや商品価値の高さなどを評価されて認定されました。両団体は出荷先や出荷形態は異なりますが今後、“とよかわ大葉”としても、PRしていきたいと考えています。

とよかわブランド認定事業は4年目となり、今回で20件目の認定となります。当JAの農産物で登録されているのは、日本一の出荷量を誇るとよかわバラ、全国に先駆けて栽培を始めたとよかわスプレーマムがあります。

2020-05-20T11:37:25+00:002020年5月20日水曜日|
アグリフェスタ特設ページ

アグリフェスタ最新情報

アグリフェスタ

周年事業・イベントのご案内