【バラ部会】クリスマス向けのバラ出荷最盛期

クリスマスを前に日本一の出荷量を誇るJAひまわりバラ部会が栽培するバラの出荷が、ピークを迎えました。
当JAでは主流の「サムライ」の他、「ブリランテ」、「ミルナ」、「レッドスター」といった赤色のバラが人気です。
同部会青年部の山本一徳さん(32)は、2,700坪のハウスで9品種のバラを栽培しており、クリスマス向けの収穫や選別、出荷作業に追われました。山本さんのハウスでは赤バラのブリランテが生産されています。ブリランテは明るく鮮やかな赤色で、トゲが非常に少なく、フラワーアレンジメントなどで扱いやすい品種で人気です。
山本さんは「バラは女性がとても喜んでくれる。1本だけでもいいので、日常的にバラを贈ってほしい」と笑顔で話しました。

2020-01-17T14:26:38+00:002020年1月17日金曜日|
アグリフェスタ特設ページ

アグリフェスタ最新情報

アグリフェスタ

周年事業・イベントのご案内