【女性部 フードドライブ活動】組織の力で地域の子供を支援

女性部は、9月25日に支援を必要とする管内の子供に対し、フードドライブ活動を行いました。

今回で4回目のフードドライブ活動では、女性部員から米150キロ、缶詰47個、インスタント食品43食の他、乾麺やお菓子などの食品が集まりました。これら食品は、豊川市更生保護女性会を介して、学習支援事業の食事などに使用されます。 フードドライブとは、家庭で余っている食べ物を学校や職場などに持ち寄り、それらをまとめて地域の福祉団体や施設、フードバンクなどに寄付する活動。日本ではなじみの薄い言葉ですが、フードバンク発祥の地、アメリカでは1960年代から盛んに行われています。

2019-11-18T17:17:27+00:002019年11月14日木曜日|

周年事業・イベントのご案内