【つまもの部会】オオバ生産に興味津々

豊川市立国府小学校6年1組は、6月19日の食育の日に合わせ、JAひまわりつまもの部会青年部4人やJAを招き、生産農家との会食会を開きました。

給食のメニューは、本年度の学校給食献立コンクールで最優秀に選ばれた「さわやかカラフルそぼろ丼」や豊川トマト入りたまごスープなど。食材には、オオバやトマト、米など、合計7種類の地元産農畜産物が使われました。さわやかカラフルそぼろ丼は、オオバやニンジン、コーンなどが入ったそぼろ丼で、オオバのさわやかな香りとカラフルな見た目で児童にとても好評でした。

給食後、同部会青年部の大竹利彦さんより、オオバについてのクイズが行われました。

大竹さんが「つまもの部会のオオバは、1日に120万枚以上作られている」と話すと、子供達は驚き、盛り上がりました。

2019-08-16T17:48:28+00:002019年8月16日金曜日|

周年事業・イベントのご案内