【鉢物部会母の日に合わせ】ポットカーネーション出荷

全国有数の生産量を誇る鉢物部会は、5月12日の母の日に向けてポットカーネーションを出荷しました。 今年は、3月の気温が高かったものの母の日を前にちょうど良い開花を迎えました。鉢物部会の加藤文典さんの温室では、人気の赤やピンクなどの約30種類が出荷されました。加藤さんは贈られた人に花を長く楽しんでもらおうと、肥料を大目に入れています。

加藤さんは「物には好みがあるけど、花は誰もが喜んでくれる。母の日には地元産のカーネーションを贈ってほしい」と笑顔で話しました。

鉢物部会のポットカーネーション生産者は17人、販売額は1億5千万円で、県内1位の出荷量。当JA管内のカーネーションは花持ちが良いと評判が高く、グリーンセンターやJAあいち経済連のインターネット販売サイトJAタウンでも販売されました。

2019-06-26T16:19:42+00:002019年6月26日水曜日|

周年事業・イベントのご案内