バラ部会の成田成寿さんがバラを栽培する温室に、9月13日、小坂井西小学校の3年生およそ100人が訪れ、バラの栽培を見学しました。

温室では生産者である成田さんが、自ら栽培する10品種のバラの名前と、特徴を話し、バラの担当職員から、全国のバラの品種や花の色の数、出荷後の流通について説明がありました。また、9月19日の敬老の日には、黄色やオレンジのバラが人気で、たくさん出荷するという話を聞き、児童から感心した様子が見られました。